刺激の少ないシャンプーでまとまりやすい髪に!

30代後半のマサミです。

 

私の髪は、多く太く、硬く、広がりやすく、普通に洗って乾かすだけでは
まとまらずに大変なことになってしまいます。
そのため、シャンプー時のヘアケア方法がとっても重要になってくるのです。

 

そんな私のこだわりのシャンプー方法を紹介します。

 

髪はダメージを受けて、キューティクルが剥がれてくるとパサつき、広がりやすくなってしまいます。
そのため、ただでさえ広がりやすい私の髪は、少しでもダメージから髪を守る必要があるのです。

 

シャンプー選びとシャンプーのポイント

まず、シャンプーは髪ではなく、頭皮をしっかり洗浄することを目的に選んでいます。

 

今は、髪をコーティングするためのいろいろな成分が含まれたシャンプーが多く売られています。
洗浄力を高める為の石油系合成界面活性剤なども入っています。

 

一見、泡だちも良くきれいになっているように感じられますが、
これらは髪を必要以上にコーティングさせすぎ、さらに太く重たくしてしまいます。

 

また、洗浄力が高すぎるため、頭皮へのダメージもあるのです。
これでは、健康なさらさらヘアは目指せません。

 

髪についた汚れと言うのは、実はほとんどが埃などで、
それらはぬるま湯ですすぐだけで洗い落とせるものなのです。

 

ですから、シャンプーを使う前に、ぬるま湯で、しっかり時間をかけて
頭皮まできれいにすすぐことを心がけています。

 

これは頭皮にも髪にもダメージを与えずに、髪や頭皮をきれいにする一番いい方法なのです。
いつも行っている美容室で教えてもらったんですけどね。^^;

 

けれど、整髪料など、油を多く含むものが髪についているとそれはシャンプーの力を借りなければなりません。
しかし、頭皮も顔も同じ皮膚です。
ですから、顔を洗っても大丈夫な自然成分で作られているシャンプーを使うのが頭皮に優しいんです。

 

顔についても大丈夫なのであれば、当然頭皮にとっても優しいはずです。
頭皮の中はなかなか見ることが出来ないので、ダメージに気づきにくいですが、
傷や吹き出物、かさつきなどのトラブルを抱えている場合が多いのです。

 

頭皮トラブルが発生してしまうと、当然発毛にも悪影響です。
薄毛になったり抜け毛が進んだり、不健康な髪が生えてきたり…。

 

キレイな髪を目指すなら、ぬるま湯でしっかり洗浄し、
その後泡立てた質のいいシャンプーで、髪ではなく頭皮を重点的に洗うことが大切です。

 

こうしてシャンプーとシャンプーの方法を変えてから、
だいぶまとまりやすくなってきました。

 

最近では、頭皮に優しいシャンプーも増えてきていますから
髪が気になる方は、ぜひ試してみてくださいね。

 

育毛剤ランキング2015


 

関連ページ

美肌は頭皮から
頭皮のケアをすることで、顔にも効果が現れてきます。美肌は頭皮からなのです。
ドライヤーを使いこなすのがヘアケアの基本
使う頻度が多いドライヤーを使いこなすことがヘアケアの第一歩です。
お金をかけずに憧れのサラサラヘアになれるヘアケア方法
サラサラヘアになるためのヘアケア方法を紹介しています。
シアバターで髪のパサつき改善!
シアバターで髪のパサつきを改善させる手順を紹介しています。
シャンプーは毎日しなくても良い!
きれいな髪を保つためのシャンプー方法について記しています。
頭皮のにおいには男性用シャンプーが効く!
頭皮のにおいいの悩みを解決するには男性用シャンプーが効果的。